スバカマナ・マリーゴールドリングピアス

  • 9030

9030
素材:真鍮、真鍮メッキ(フック部分)
輸入元:シサム工房
原産国:ネパール

マリーゴールドはネパールでは神様にお供えする花。マリーゴールドの真ん中をくりぬいて、花の層になったところをイメージして作られました。直径1.8cm。

9030-1
ネパールで伝統的に活用されてきた高山植物「ロクタ(和紙の材料ミツマタの原種)」を手漉きしたロクタペーパーを、くるみで染色し、ゴールドの色でロゴがハンドプリントされた専用の封筒つき。簡単な取扱い方法とコレクション紹介を記載したしおりも同封します。

「スバカマナ」とは、相手に幸せを願うときにつかうネパールの言葉です。
ネパールの山々や、豊かな自然、幸運にまつわるものからインスピレーションを受け、みなさんにたくさんの幸せが訪れますようにと願いを込めてデザインしています。
きらびやかな色合いではなく、真鍮の渋く深い色を大事に、繊細さをもちながら手仕事の痕や色合い、素材感を感じていただけます。

・取扱いについて
金属は徐々に黒ずんでいく特性があります。市販の磨き布等で磨いていただきますと元のきれいな色目に戻ります。着用後は乾いた布で汗などの汚れを拭き、湿気を避けて保管してください。

生産者情報
ネパール国内の小規模手工芸生産者に技術指導や生産機会を提供するフェアトレードNGO「マハグチ」とともに、職人さんたちがひとつひとつ手作りで作っています。
職人さんたちはカトマンズの情緒あふれる旧市街にある小さな工房で、全ての工程を行なっています。元々ネパールで伝統的に仏具やアクセサリーを作っており、その技術を活かして作っています。細かい細工すべてが手仕事で、一つ一つが異なる一点ものとしての価値があります。

販売価格(税込)
¥3,888
在庫状態
在庫僅少
数量